求人応募の髪色マナー

求人応募の髪色マナーとは

求人に応募する時の髪色マナー

求人に応募するときの髪色は、基本的に黒がマナーとされています。しかし、どうしても黒が嫌であるという人であれば、なるべく落ち着いた茶色にすることをおすすめします。大外の人であれば、このようなことを守り、問題をクリアすることができますが、間違ってもしてはいけないことがあります。まずは、金髪や銀髪などの髪色です。明らかに、社会人として働いていく中で、目立ってしまったり浮いてしまったりします。次に、メッシュを入れた髪です。バレないだろうと思っても、採用側は目を光らせています。以上のことは、求人先の営業先の人や取引先の人からの評判が悪くなるため、採用は厳しくなります。

求人応募のために、髪色を整える

求人に応募する際、給与や立地、時間、福利厚生など様々な注目すべきポイントがあります。その優先順位は人によってそれぞれですが、髪色やファッションに関する決まりが気になる方も多いでしょう。特に若い方や学生の方は気になる部分です。求人情報に髪色自由と書いていても、どの程度のものなのか中々判別がつきません。自由と書いてあっても派手なものは実は駄目ということもあります。派手な色でないと駄目というこだわりがあるわけでは無い場合は、最近流行しているインナーカラーという方法で染めてもらうとよいでしょう。ぱっと見ただけでは分からないところを染めることで仕事とおしゃれを両立させることができます。

↑PAGE TOP